実践的なキャリア教育

実践的なキャリア教育

 就職率100%の実現を目指す― 私たちが受験生の皆さんへ宣言していることです。
 厳しい就職戦線が続く中、外国人留学生の就職内定率は100%を実現しています。この実績は民間企業で採用業務に就いていた、“採用のプロ”が、企業探し、履歴書やエントリーシートの添削、面接対策を二人三脚で行っているからこそ。日本人以上に厳しい就職戦線に勝っているノウハウがあるからこそ、自信をもって宣言することが出来るのです。
 また、現代は大卒3年以内の離職率が30%を超えており、なかなか自分の思い描いたキャリアデザインを実現することが難しい時代でもあります。従って、適性診断やキャリアアドバイザーによる面談を通した自己分析や、企業側とのコミュニケーションを通じて培われる職業観や就業感が何より大切であると私たちは認識しています。


※上記はキャリアクラスの進路指導イメージです。

 本学は入学後すぐにキャリアアドバイザーによる面談がスタート。4月中にGATB(厚生労働省一般職業適性検査)を受検していただくことで、自分の「向き・不向き」を客観的に把握していただいています。また、5月には1年生から参加できる校内就職セミナーを本学単独で開催し、アットホームな雰囲気の中で企業の採用担当者とじっくりお話しいただける機会を提供しています。2年生向けには、当日に面接会も開催し、採用に直結するセミナーとなるよう、企業側に協力を仰いでいます。
 そのほかにも、職業実践専門課程として多くの企業と交流し、多角的な視野と価値観を醸成できるよう、講義やイベントを実施しています。
 是非、本学で、自分の思い描いている将来を実現させてください。

お問い合わせ
資料請求

PAGETOP