産業界との連携

職業実践専門課程

実学となる教育

 職業実践専門課程とは、平成25年に文部科学省より、専修学校の専門課程であって、職業に必要な実践的かつ専門的な能力を育成することを目的として専攻分野における実務に関する知識、技術及び技能について組織的な教育を行うものを、「職業実践専門課程」として文部科学大臣が認定して奨励することにより、専修学校の専門課程における職業教育の水準の維持向上を図ることを目的とした施策です。本学は認定初年度となる平成26年度に認定されました。

(文部科学省ホームページより抜粋)

認定以前から、企業との連携等を通じて、実践的な教育を提供してきましたが、平成26年度以降は学校全体として更に力をいれ、「実学」となるカリキュラムを編成しています。

新たなる試み

 西武信用金庫との産学連携


写真は卒業生も活躍している税理士法人さくらみらい国際会計事務所ブース

 平成28年6月に、西武信用金庫(敬称略)と「企業の国際化、グローバル人材に関する支援や、その他の地域産業振興等のために事業協力」を目的として、包括的連携・協力に関する協定を締結いたしました。
 産業界で求められる能力や素養は年々変わっていきます。本学ではその流れに遅れることなく、金融機関や企業と連携し、学生に対して常に新しい情報、実践的な教育を施しています。
 平成29年5月23日に、当金庫を後援とし、本学単独で校内就職セミナーを開催しました。西武信用金庫の取引先を中心として、7社に参加いただき、日本人生徒、外国人留学生が共同でセミナーに参加しました。
午後からは面接会を開催し、内定に直結するセミナーとすることが出来ました。

外国人留学生への就職支援

 日本における就職を希望する留学生は全国で約25,800人おり、在留資格「留学」から就労の資格への変更許可数は12,958人(平成26年)であるため、卒業後に就職を希望している留学な生のうち、約50%しか就職できていないと推定され、教育機関による外国人留学生の「出口戦略」は急務、且つ必要なものとなっています。

 平成28年4月よりキャリアアドバイザーを2名に増員し、外国人留学生に馴染のない「日本式就職活動」についてキメ細かい指導・アドバイスを充実させるとともに、「本学学生の就職活動支援並び留学生の就職活動への取り組み状況や日本国内での留学生の生活支援などに係る情報共有」を目的に、平成28年6月、人材紹介事業を展開する株式会社JELLYFISH様と業務提携契約を締結しました。

 本学に入学した学生がしっかりキャリア形成出来るよう、本学内部は勿論のこと、企業と連携し「就職力と就業力」を兼ね備えた人材の輩出を目指します。

お問い合わせ
資料請求

PAGETOP